社史

  • 明治33年2月      初代丹羽清八、丹羽石炭商店を岐阜市長住町に創設。石炭小売業を始める。
  • 大正元年8月       岐阜市高砂町1丁目に店舗を移転。三菱合名と特約店契約を締結。
  • 昭和9年10月      住友石炭鉱業(株)と特約契約を締結。
  • 昭和17年3月      石炭販売の国営移管に伴い、岐阜県石炭販売(株)に統合。
  • 昭和22年4月      丹羽清八商店を設立。住友電気工業(株)と特約店契約を締結。電線ケーブルの販売を始める。
  • 昭和23年4月      資本金15万円にて(株)丹羽商店と改組。同時に丹羽好輝を代表取締役に就任。
  • 昭和24年9月      石炭の自由販売に伴い、宇部興産(株)、三菱商事(株)と特約店契約締結。石炭販売を再開。
  • 昭和29年12月    資本金を240万円に増資。
  • 昭和31年7月      松下電器産業(株)、松下電工(株)と代理店契約を締結。電機部品の販売を始める。
  • 昭和32年7月      資本金を480万円に増資。
  • 昭和34年9月      岐阜市長住町に三菱石油岐阜貨物駅前給油所を建設。
  • 昭和38年9月      資本金を1,000万円に増資。
  • 昭和38年10月    岐阜市若竹町に三菱石油長良橋給油所を建設。
  • 昭和39年10月    岐阜市鶉に倉庫を建設。
  • 昭和40年4月      資本金を1,900万円に増資。
  • 昭和40年6月      株式会社丹羽商店を丹羽商株式会社に商号を変更。
  • 昭和43年3月      岐阜市長良福光に三菱石油長良福光給油所を建設。
  • 昭和44年8月      資本金を3,000万円に増資。
  • 昭和47年4月      丹羽商石油株式会社を設立。石油部門を別会社とする。
  • 昭和49年8月      岐阜市中鶉に本社を移転。
  • 昭和54年11月    シャープ(株)と特約契約を締結。
  • 平成元年12月    松下電工(株)とサンクス(株)の共同出資による、松下制御機器(株)の発足に伴い、代理店契約を締結。
  • 平成2年3月     ロボットケーブル、複合ケーブルの販売を強化するため、吉野川電線(株)と販売契約を締結。
  • 平成6年9月     丹羽好輝の退任に伴い、丹羽孝明が代表取締役に就任。
  • 平成12年6月      ロボットケーブル、複合ケーブルの販売を強化するため、住友グループの大電(株)と販売契約を締結。
  • 平成14年5月      制御盤の設計、製作会社丹羽商システム(有)を設立。同時に丹羽宏が代表取締役に就任。
  • 平成14年9月      丹羽孝明の退任に伴い、丹羽宏が丹羽商(株)の代表取締役に就任。
  • 平成15年5月      B to Cビジネスを目指し、PureStyle(有)を設立。同時に丹羽宏が代表取締役に就任。
  • 平成24年5月      建設業、一般電気工事業許可。
  • 平成22年12月    丹羽商(株)の本社が岐阜駅前東地区再開発に伴い、岐阜市宇佐南に移転。
  • 平成24年6月      丹羽商システム(有)を丹羽商システム(株)に改組。
  • 平成25年4月      屋根付のメガソーラー工事を施工。
  • 平成25年6月      丹羽宏がFM AICHI「ラジマルフライデー」に1回/月、半年間、太陽光システムアドバイザーとして生出演。
  • 平成26年9月      丹羽商システム(株)の代表取締役の丹羽宏が退任し、柄澤義明が就任。
  • 平成26年11月    PureStyle(有)からPureStyle(株)に改組。
  • 平成27年4月      PureStyle(株)の運営による有料老人ホーム「生き活きハウス春日井」を開所。高齢者支援事業を開始。
  • 平成28年6月      春日井市JR神領駅前に丹羽商パーキングをオープン。
  • 平成30年6月      丹羽商グループの本社を羽島市竹鼻町西野町に建設。
  • 令和元年7月      子会社のPureStyle(有)を合併。「生き活きハウス春日井」を高齢者支援事業部とする。